新品チョイキズ超特価!
Z-VEX Vexter Series
基本的なパーツ構成はそのままに、プリント基板を採用しコストダウンを図ったベクスターシリーズ。展示の際などに生じた擦り傷や汚れの見られるアウトレット品ですが、演奏に支障をきたすようなものではございませんので、この機会にぜひ手にして下さいね!
アンプをぶっ壊す程のパンチを持ったブースター「スーパー・ハード・オン」を1つのケースに2つ仕舞い込んだ凶悪ペダル「スーパー・ドゥーパー」がラインナップに加わりました。SW1オン時のベクスターシリーズ特有のシャープさが加わったサウンドは、レスポール等の元々図太いトーンを持ったギターと抜群の相性を示します。SW2を加える際は機材にダメージが加わらない様に十分に気を付けて下さい。SW1にはMaster Volumeのコントロールは付いていませんが、SW2と一緒に使う場合はVolumeで全体をコントロールできます。
まずアンプをStandbyにして、ギターからのプラグをアンプから抜いてSuper Duperのインプットジャックに挿入し、バッテリーを起動させます。そしてアンプからのプラグをアウトプットジャックに挿入します。2つのゲイン・ノブを両方とも3時のあたりにします。 それからMasterのノブをお好みのところにします。 スイッチを何度か踏んで、インプットキャパシターの電圧を均一にし、スイッチを踏んだ時のノイズが出ない様にします。 アンプのボリュームをまず低いところに設定してからスタートします。それから、2つのチャンネルを個別に聴き、それから両方のチャンネルをONにし、少しずつお望みのレベルになるまで調整していきます。あなたのアンプにダメージを与えないない様に、Master Volumeを調整して両チャンネルの最終的なアウトプットレベルを決めて下さい。SW1は、大きなクリーンブーストとしてベストです。そして、SW1のみで使用された場合は、Master Volumeは機能しません。SW2は、どのボリュームレベルでもディストーションさせますが、Master のノブでそのアウトプットレベルを調整できます。ゲインのノブを回した時、パチパチというノイズが出ますが問題ありません。これは、トランジスタのゲインとバイアスがリセットされたことを意味しますので。このノイズは、各々のノブを右の方へ回すと多く出ますが、全く問題無く製品不良ではありません。
メーカー希望小売価格はカタログ表記に基づいて掲載しています

Albedo / Sarasvati/Booster 【ブースター】【新宿店】

【本物保証】 Duper Super Z-VEX Vexter 【特価】 Series-エフェクター

Copyright © STARFLYER, INC. All Rights Reserved.